「strong」タグは使うとダメなのか?

kage

2011/11/29 (Tue)

「strong」タグは使うとダメなのか?



STRONGタグは、テキストを強調する際に使用します。

以前から、SEO対策として「STRONG」タグでキーワードを強調する方法がとられてきました。


ただ、むやみに<STRONG>タグを使うとスパム扱いされてしまいます。

というより、<STRONG>タグを多量に使うと、記事の中でどこを強調したのか分からなくなります。


「SEO」のキーワードで上位に表示されているサイトを調べて見ました。

1位から10位までのうち、2サイトが<STRONG>タグを使用しています。
残りの8サイトは、全く使っていません。


ちなみに、本家のGoogleはどうでしょうか?

やはり、<STRONG>タグを検索結果に使っていませんでした。
強調するために使用しているタグは<B>です。

でも、Googleが管理している別のサイトは、どうでしょうか?
一部のサイトが<STRONG>タグを使っています。



ついでに、Yahoo!も調べると・・・

Yahoo!は、広告の一部に<STRONG>タグを使っています!!

しかし、検索リストの強調表示はやはり、<B>タグを使用していました。

また、「*.yahoo.co.jp」のサイトには、<STRONG>タグを使っています。


結論としては、キーワードの強調に、これというキーワードのみ<STRONG>タグを使用するということでしょう。

ちなみに、この記事にも<STRONG>タグを一部だけ使用しました。
web拍手 by FC2 hatena
関連記事