スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2 hatena

発リンクの貼り方しだいで有益なブログにする方法

kage

2013/10/27 (Sun)

商品販売ページは、ページに発リンクを作らないのが鉄則です。
関連サイトへの発リンクは、ユーザーの気を散らして成約率を下げてしまいます。

しかし

情報を発信しているブログの場合、
ユーザーの目的は、商品の購入ではなく
新しい知識を知りたい!」という知識欲です。

ですから、その「ユーザーの知識欲」を満足させる必要があります。

そこで、
あなたのブログで、ユーザーに有益な他サイトを紹介することにも価値があります。


発リンク

訪問したユーザー(読者)に、
あなたのサイトには掲載していない情報を
補完するようなサイトを紹介します。

そうすることで、
情報の枝葉の部分も味わってもらい、ユーザーの満足度向上につなげるわけです。


さらに言えば、あなたのブログ記事が最高の内容である必要はありません。
紹介したサイトの記事を含めて、読者に満足を与えられればOK!ということです。




例えば、まとめサイトなどは、
自サイトは充実した記事が無いのにもかかわらず
他の有益なサイトを、多数紹介することで
ユーザーに、「自分で探しまわらなくても良い」
というメリットを与えることができています。

つまり、ヤフカテ(※1)の、「特定カテゴリ版」みたいなものですね。
(※1)「Yahoo! JAPANのディレクトリ検索 - Yahoo!カテゴリ」


ヤフカテは、「詐欺サイト、フィッシングサイト、内容の無いサイト」をヤフカテのスタッフが人手で排除していて、厳選された情報のみを閲覧できます。

ですから、ヤフカテ(Yahoo!カテゴリ)が人気なのは、
専門のスタッフが、審査した有益なサイトだけしか登録されていないからです。

それとまったく同じとは言わないまでも、
ユーザーが知りたい情報を豊富に紹介してあれば、
それだけで、ユーザーに役に立つブログになるわけです。

Googleも、「ユーザーの利便性」を検索順位決定の再優先項目にしていますからね。

それに、一貫性、専門性は、コピーブログには無い「独自性」を発揮できます。
そのため、Google先生からも揺るぎない評価を獲得できます。


そんな訳で、「ウェブ素材」などのキーワードで検索すると、まとめサイトが上位に表示されていますよね。

つまり、一概に「発リンクは、SEO的に良くない」というのは都市伝説にすぎないということでしょう。





web拍手 by FC2 hatena
関連記事
スポンサーサイト
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。