スポンサーサイト

kage

--/--/-- (--)

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
web拍手 by FC2 hatena

キーワードの使い方ひとつで「全く検索されなくなる」方法

kage

2009/07/10 (Fri)

記事タイトルは冗談ではありません

 

ユーザーが「中古 車」で検索した場合、


Google(グーグル)は「中古車」のキーワードで記述された記事も検索されますが


Yahoo!(ヤフー)では「中古車」のキーワードで記述された記事は検索されません

 

なぜなら

 

Googleは「中古車」を「中古」と「車」に、分割して認識しているからです。


また、Yahoo!は「中古車」を一つの単語として認識しています。

 

ですから

 

Googleでは、入力したキーワード「中古」と「車」が、記事中の「中古」と「車」に一致して検索されます

 
Yahoo!だと、入力したキーワード「中古」と「車」が、記事中の「中古車」と一致しませんからダメです

 

ではGoogleとYahoo!どちらでも検索されるように記事を書くとするとどうなるのでしょうか?

 

 

答えは、「中古の車」です。

 

 

チョット待って下さい。

 

逆にユーザーが「中古車」でキーワード入力したら検索されなくなりますので

 

「中古の車」と「中古車」を記事の中に上手に挿入する必要があります。

 

これが本当の正解です。

 

 

と言っても、あなたが決めたキーワードが、検索エンジンにどのように認識されているのか分かりませんよね!

 

そこで、GoogleとYahoo!の両方のチェックが出来る「日本語分割チェッカー」の登場です。

 

 

下記のURLでアクセスして日本語キーワードを入力してみて下さい。

http://seopro.jp/wcheck/

これで、検索エンジンから全く検索されないキーワードを知ることが出来ますね  v(^^)

 

関連記事
web拍手 by FC2 hatena

この記事へのコメント

kage

お久しぶりです

ビットさん
また面白い物
見つけましたねぇ

ビットさんのブログは、おもちゃ箱みたいで
面白いです

また遊びにきます

Posted at 22:01:36 2009/07/11 by nyannko12000

コメントフォーム

kage


URL:




Comment:

Password:

Secret:

管理者にだけ表示を許可する

この記事へのトラックバック

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。